包茎手術は評判が良いクリニックへ~オトコの魅力~

ドクター

適度に楽しむ

ドクター

アルコールが好きな人はたくさんいるでしょう。お酒を飲めば、酔いに任せて友人との会話を楽しんだりストレスの発散にもなります。また、酒を飲むことは悪いことではないのですが、ほどほどにしないと健康面でも悪影響を及ぼすことがあります。そのため、普段からお酒を飲んでいる人は適度にお酒をコントロールする必要がありますが、飲み過ぎると男性の性機能を定価させる恐れがあります。

飲酒をするとEDになりやすいのですが、なぜ飲酒をすると男性の性器が勃たなくなるのでしょうか。そこで、飲酒をした時の身体の構造について説明します。飲酒をしてアルコールを摂取すると、アルコールが中枢神経系を抑制するように機能してしまします。しかし、中枢神経系を抑制することで、気持ちがリラックスするのですが、中枢神経系は男性の性器にもつながっていて、性器は神経が集中しているために、アルコールによって勃起が抑制されてしまうのです。また、飲酒をすると勃起がしににくくなるのですが、EDになった時には治療薬が有効的です。しかし、飲酒を続けていて肝機能が弱ってしまったらED治療薬を飲むことができなくなってしまう可能性があるのです。そのため、バイアグラなどの治療薬を使用することができなくなってしまって、パートナーとの関係にも影響してきてしまいます。そして、EDにならないためにも飲酒は適度に楽しみましょう。また、EDになるからといって飲酒をやめることはありません。男女間で適度に飲酒すれば性行為の時に良い効果をもたらすことがあるのです。